JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

不思議な世界観を持つ独特な漫才から社会的な問題まで鋭く切り込む漫才コンビ「爆笑問題」ですが、7月16日放送されたラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」内にて、過去に太田光氏と田中裕二で大喧嘩の挙句解散寸前にまで深刻な不仲状態になってしまった事を告白していました。

とは言っても最近の話ではなく20年も前のこと。

まだ漫才をメインで活動していた時期ですが、爆笑問題の二人が新幹線を待っているところ、暇だったのか太田氏が田中氏の顔にタバコを近づけては遠ざけるといったイタズラを延々と繰り返した結果、これに田中氏がキレてしまい、そのまま大喧嘩になってしまったのだとか。

その後、新幹線が到着し、乗り込んだ後も険悪な状態のままだったと言うことです。

太田氏は自由奔放なところがあり、不思議な発言からなかなか切り出すのが難しいタブー表現なども平然と発するところから、芸能界では問題児扱いされることもあるなど、かなり攻撃的な性格をしていることでもお馴染みですが、それは日常でも同様のようで、コンビである田中氏に対してもかなり自由にイタズラやちょっかいなどかけていたようですね。

田中氏はそんな太田氏のことを認めている一方でイラつくことも多い模様で、不仲説はずっと存在していたようにも思えますし、逆に実はものすごく仲が良いと言う話も多くで聞かれ、やはりつかみ所の無いコンビとなっているようです。

現在では、太田氏は自身の所属する事務所の女社長と結婚し、多少は落ち着いたかと思いきや、社会的な問題に突っ込んで行く芸風やタブーを平然と口にするスタイルにますます磨きがかかっているようで、尊敬している人がビートたけし氏であることを公言している事からも、似た芸風を目指している事が分かります。

ちなみに、誤解されやすいのですが、爆笑問題の所属事務所は太田プロと思われがちですが、すでに喧嘩別れしており、独立してタイタンと言う事務所に所属しています。
社長であり、太田氏の名前からも事務所は太田プロでは?と思いやすいのですが、お間違いなく。

そんな自由人な太田氏に対して、常識人とも見られる田中氏ですが、やはりどこかで振り回されている節が多いようで、相当に手を焼いている様子。

それが致命的なほど困っていると言うことではないからこそ息の長い、今や大物お笑い芸人としての地位を築いているわけですが、それでも時々は本気でキレてしまうこともあるようですので、太田氏もいい歳ですし、そろそろプライベート上や爆笑問題の二人だけの時などは少しはおとなしくしていた方がいいかもしれませんね?