Colours (CD+DVD)

エイベックスと折り合いが悪くなり、事務所からの独立も噂される浜崎あゆみさんですが、ここではっきりと結果が出てしまったようです。

先日発売されたニューアルバム「Colours」は、全盛期の勢いはどこへやら…。7月2日付のオリコンのデイリーランキングでは5位と言う結果になりました。

一方、同日発売される事で話題になったKis-My-Ft2のニューアルバム「Kis-My-Journey」が余裕の1位となり、注目されていたセールスの勝負はKis-My-Ft2に軍配が上がりました。

どちらもオリコン上位を狙うために競合は避けるところがあり、多くの場合では大物アーティストのCD発売日が同じになる事はないのですが、エイベックスから見放されかけている浜崎あゆみさんと、絶賛売り出し中のKis-My-Ft2。
もはや、エイベックスサイドでは浜崎あゆみさんを再び売り出す気はないのかもしれません。

この日のランキングはKis-My-Ft2の他、UVERworld、長渕剛氏、小田和正氏、元・AKB48の板野友美さんの名前が連なるなど、激戦区のひとつでもありました。

その中で余裕の1位を取るジャニーズ戦略は言うまでもありませんが、常に安定して高位置に居続ける長渕剛氏、小田和正氏は1位にはならずとも、当然の結果ですし、さらに彼らはランキングに関係なく愛されるアーティストでもあります。UVERworldも正統派ジャパニーズロックとして一定の地位を築いており、まだ暫くはこの人気を維持し続ける事でしょう。

それにひきかえ、悲しい事に浜崎あゆみさんはこれまで連続でセールスランキング1位を取り続け、圧倒的な人気を誇っていたところのこの凋落。
同じく女性アーティストである板野友美さんよりはランキング的に上だったと言うことで、歌姫としてのプライドをなんとか守ったと言ったところでしょうか。

とは言え、オリコンランキングは今ではあまり意味のないランキングと言われているものの、それでもベスト10内に入るというのは、それはもう凄い事なのは間違いありません。ただ、浜崎あゆみさんの場合は1位が当たり前と言う時代を生きてきただけに、その数字の下がり方は異常にも写ってしまうのでしょう。

そしてまさかの競合相手であるジャニーズとの同日発売。いよいよ「エイベックスが浜崎あゆみを見捨てる日」と言う噂が如実に真実味を帯びてきたようにも思えます。

そしてオリコン戦線も終わり、次はエイベックス主催の夏フェス「a-nation」が始まっていきます。
これが終わったあとこそ、彼女の動向が最も注目される時期となるのかもしれませんね。