Uncontrolled(MV11曲入りDVD付)(特典ポスター無) [CD+DVD]

先日、「浜崎あゆみ、エイベックスに捨てられて独立か?」にて、浜崎あゆみさんサイドとエイベックスサイドでトラブルが生じている可能性のある記事を紹介しましたが、今度はもう一人の歌姫、安室奈美恵さんの方でもトラブルが起こっているようです。

どうも、現在の安室奈美恵さんのライブスタイルに対し、収益を伸ばすために出した要望が、彼女の所属事務所であるヴィジョンファクトリーが初期に出した要望と話が違うものとなってきており、エイベックス側が約束を反故にしようとしているとのこと。

エイベックスとしてはCD売れ行き不振の昨今ですから、セールスの増加に力を入れたい気持ちも分かるのですが、それではちょっと話が違うとトラブルに発展し、ブチ切れ状態となった安室奈美恵さんがエイベックスから移籍するかもしれないと言う憶測まで立つようになってしまいました。

安室奈美恵さんのライブスタイルはMCがなく、ライブ中のほとんどが歌とダンスで構成されている事は多くで知られています。
それが評価をされており、ストイックに歌にダンスにと激しく動くパフォーマンスこそが彼女の真骨頂だと。

ライブ本数も女性アーティストとしては非常に多く、さらに常に歌いっぱなし、踊りっぱなしなわけですから、そこに使う体力はもちろん、モチベーションのコントロールからスケジュール調整、フィジカルトレーニング・ケアまでもが徹底されているとも言われています。

今回のエイベックスの要望は「ライブにMCを入れ、ライブ本数を増やす」ということで、これは安室奈美恵さんのライブの魅力を捨てろと言っているも同然なわけですが、アーティストの個性や人柄が分かるのはMCであったり、地方遠征だったりするわけですから、セールスを伸ばしたい意図を持つエイベックス的にはどうしてもお願いしたい事なのでしょう。

しかし、彼女の所属事務所であるヴィジョンファクトリーは、安室奈美恵さんがエイベックスに残り音楽活動を続ける条件として、「ライブパフォーマンスに口出しをしない事」を提示しており、エイベックスはその条件を飲んだ上で彼女の音楽をエイベックスのレーベルからリリースする事が出来ているとも言われています。

過去にも移籍の噂があり、その話も進んでいたところをエイベックス側が事務所の条件を飲む代わりに慰留させているわけですから、今になってそれを反故にするというのもおかしな話なのですが、これもやはり、浜崎あゆみさんと同様に、前社長の松浦勝人の力あってこその今の自信があると言うことから、現体制である千葉龍平氏のやり口には不満がたまっているのかもしれません。

エイベックスは多くの大物有名アーティストを抱える巨大なレーベルですが、浜崎あゆみさん、安室奈美恵さんと、一時期を支えた歌姫が離脱してしまうとなると、さすがにダメージは大きすぎるのではないでしょうか。

まだまだ噂の域を出ておらず、ひょっとすると?と言う話かもしれませんが、本当に今のエイベックスが約束を反故にし、無理な要求を通そうとしているのなら、ありえない話では無いのかもしれません。
安室奈美恵さんは実力派のアーティストでもありますので、狙っているレーベルは数多いのではないでしょうか?

ソース:安室奈美恵がエイベックスにブチ切れ!? レコード会社“移籍騒動”に拍車か