bousaitweet02

Twitterを使っているのは個人や芸能人だけでなく、民営団体や政府機関などでも公式アカウントがある場合もあります。

お手軽に情報を得る事が出来る場で所でもあるのはもちろん、緊急性の高い情報の拡散などにも向いているため、ライフラインとして天気情報や万が一の災害などが起こった際の情報共有にも役立ち、これまでも数々の奇跡を生み出してきたサービスでもあり、一概に「ただの無料Webサービス」とは言えない側面も持っているのです。

そんなTwitterに、「内閣府防災(@CAO_BOUSAI)」と言うアカウントがあるのをご存知でしょうか。

これはその名の通り、防災情報や地震などの災害情報をいち早く共有出来るアカウントなのですが、今回ちょっとこのアカウントがやらかしてしまったようです。

Twitterでは、リツイート(通称RT)機能を使ったつぶやきの拡散が可能です。
面白いと思ったツイートや役立ち情報などはこぞってRTされ、時に数千、数万リツイートとなって話題を呼ぶ事がありますが、中にはそれを悪用しようとするところもあり、場合によっては勝手に不要なつぶやきをするプログラムをしこんでしまう、「スパムアカウント」と呼ばれるものがあります。

今回内閣府防災アカウントの中の人が興味本位で覗いてしまったのでしょうか。
ちょっとした興味でツイート内のURLをクリックしたのか、それが実はスパムアカウントで、クリックしたURLから経由で、勝手にスパムツイートを呟いてしまったのです。

bousaitweet01

まさか内閣府お抱えのTwitterアカウントがこんな芸能ネタを!?とでも言わんばかりに一気にリツイートされてしまい、内閣府なにやってるんだ!と怒る人まで出てくる始末。

それに気づいた内閣府防災アカウントは直ちにツイートを削除しまし、お詫び文を掲載しましたが、スパムツイートの面倒なところは、一度表記されているURLをクリックし、そこにあるアプリ連携を許可してしまうと、以降は勝手にスパムツイートを呟かれてしまうのです。

つまり、何も知らないTwitterユーザーが内閣府防災アカウントのスパムツイートを興味本位で覗いた結果、自分までもがスパムアカウント扱いされてしまう可能性があるのです。

もしもそうなってしまった場合は、Twitter上からアプリの連携を切れば解除されますので、必ずご確認の上、不要なアプリを削除してください。
方法もTwitter上ですでに公開されています。


上記のURLは安全ですのでご心配なく。

稀に芸能人アカウントや公式アカウントでもこのようなミスが珍事として起こる事はあるのですが、今回は公共系、さらに政府関係のアカウントだけに、その運用スキルの低さが問題になるかもしれません。
こんなITスキルで他の国との情報戦から身を守る事は出来るのでしょうか…。ちょっと心配ですね。