永遠の0 (講談社文庫)

先日公開されたばかりの大ヒット映画「永遠の0」が、今度はドラマで放映されることが分かりました。
テレビ東京の開局50周年特別企画のスペシャルドラマとして3夜連続放送。2015年3月放映予定です。

主演は向井理氏。映画版ではV6・岡田准一氏が主役でしたが、映画とはまた違うテイストのドラマになりそうな予感です。

永遠の0と言えば、観客動員数700万人を越え、興行収入86億円を突破。邦画実写作品で国内歴代6位にランクインするなど、大ヒットを記録した、国内映画の中でも特に話題になった作品です。

また、違う意味でも多くの批判があったり、戦争の意味を改めて考え直す多くのメッセージが込められているなど、問題作でもありました。原作者の百田尚樹氏もなかなかに攻撃的な性格の模様で、批判に対しても真っ向からぶつかり、現在もなお物議を醸す発言を多く残しているなど、多くの意味で「衝撃作」と言えなくもありません。

主演を務める向井理氏も戦争映画は初めてと言うわけではなく、以前、戦争映画の役者を演じるとき、靖国神社へ参拝に赴き、賛否両論を巻き起こしたこともあるなど、戦争と言うものに対して彼なりの考え方も持ち合わせていることだと思います。

その上でのオファーと思われますので、ある意味において適役と言えるのかもしれません。

永遠の0の原作は元々600ページに渡る長編作品です。

映画では2時間弱程度で収めなければならない制約があるため、物語のその全てを表現し切ることが難しかったこと、さらにエンターテイメント性を高める上でやむを得ず端折った部分も多くあると言われています。
スペシャルドラマの方ではさらに尺が伸びますので、その世界観を十分に表現出来るのではないでしょうか。

永遠の0をすでに映画館で鑑賞した人も、結局見ることが出来なかった人も、原作ファンも多くいると思われますが、向井理氏の好演を期待しつつ、まだ随分先ですが、来年の3月を楽しみに待ちましょう。