SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)ファングッズ A3サイズ ラミネートポスター type,A9237

アイドルブームの音楽事情の中、独自の世界観で急速に注目されているバンド・セカオワ、セカイノオワリこと「SEKAI NO OWARI」のボーカル・ギター深瀬慧氏が従来のギターロックを痛烈に批判し、大炎上しているとのことです。

炎上と言ってもTwitterや2ちゃんねるで大批判を受けていると言う程度ですが、徐々にその話が広がり、検索ランキング上位に浮上している模様。

なぜそんな発言があったのか、真意はどこにあったのでしょうか。

件の発言はこちら
sekaowa01.jpg

とは言っても、彼らもジャンル的にはロックミュージシャンと言う扱いですし、実際ギターも触っているので何とも言えないんですが、深瀬慧氏の音楽哲学的にギターと言うのは理解出来ない部分が多くあるようですね。

最近はデジタルミュージックについても違和感はなくなってきましたし、DTM環境も構築しやすくなったこと、ボーカロイドと呼ばれる、擬似的なボーカルで作られた音楽が人気を集めるなど、イマドキは必ずしも楽器で演奏するだけが音楽ではないと言う言い分も分からないでもないんですけれどもね。

しかし、ロックミュージックは今も昔も老若男女問わず愛されている、音楽の代表格でもあります。

多くのギタリストがそれで音楽を楽しみ、若者でも、中年層に差し掛かってもギターを始めると言う人も多いでしょう。

そう言った、多くの人に愛されている楽器そのものを否定するわけですから、特にロックファンとしては我慢ならないところもあるかと思います。

とは言え、深瀬慧氏は普段から不思議な言動が多いことでも知られていますし、独特のセンスの持ち主でもありますから、悪意を持った発言とは言いがたいところもあったりと、ファン的には複雑な気持ちもあるかもしれません。
しかし、言葉と言うのは怖いもので、特に今や注目の人気バンドメンバー。たった一言でもその影響力は強く、あっという間にその発言は広まってしまいました。

本人は気にすることはなさそうですが、かなりの敵を作ってしまったんじゃないかなと思います。

ロックは反抗的であるべきと言う哲学もあるものですが、もしかするとあの発言は彼なりのロックだったのでは?と邪推などもしてみますが、この発言の真意は一体どこにあるのか。それは当人にしか分からないことなんでしょうね。

ソース:【衝撃】SEKAI NO OWARI深瀬がギターロックを完全否定してるのをご覧くださいwwwwwwww