佑樹―家族がつづった物語

ハンカチ王子として注目を集め、大学卒業後、ぶっちぎりのドラフト1位でプロ野球、日本ハムファイターズに入団した斎藤佑樹選手ですが、現在はその実力が疑問視されるほど低迷期が続いています。

同い年であり、ライバル投手であった田中将大選手と比較されることが多いものの、その差があまりにも大きく開きすぎていると言われており、最早復活はあり得ないのでは?とも言われています。

そんなぱっとしない状態が続き、苦しんでいる斎藤佑樹選手ですが、その影でスポーツキャスターに転身するのでは?と言った噂がささやかれているようです。

斎藤佑樹選手は高校時代、大学時代と圧倒的な投手力でもって、野球界の一大スターとなりました。甲子園出場後、プロ入りの可能性を示唆しつつも早稲田大学に入学。その後も華々しい戦歴を上げ、大学卒業後のプロ野球選手としての活躍も期待されていたのも事実です。

しかし、実際のプロの現場は非常に厳しく、すでに研究し尽くされていることから、入団から現在に至るまで良い戦績を残したとは言いがたく、現在は2軍落ちからそこが定位置ともなってしまっている模様。

実力は決して無いわけではありません。しかし、プロの世界でフォームからクセまで徹底的に研究し尽くされ、強い投球も現在は弱点だらけの投法に成り下がり、さらにそれを覆すだけのものが現在は見受けられないこと、2軍でも格好の餌食にされ、ガンガン打たれまくっていると言うのも大きく評価を落とす原因となってしまっていることも否めません。

当人は相当に追いつめられているでしょうし、デビュー直前のビッグマウスも今はすっかり影を潜めていながらも、捨てきれないプライドの中で必死で抗っているのでしょうが、まだまだ苦しい時期は続きそうです。

そんな中ですが、現在でもアイドル投手だった注目度は残っていますし、周囲に埋もれ切る程絶望視されているわけでもないことから、キャスターとして十分華があると言えばそうなのかもしれません。

実際はそんなことは噂レベルでしか無く、転身は以ての外とは思われますが、もしもこのまま実績を残せずに消えてしまうなら、まだカリスマが残っている間に去就を考える。まだ若い選手ながらも、そんな時期に差し掛かっているのかもしれません。

ソース:球界では“過去の人”…日ハム斎藤「キャスター転身」の現実味