siomura01

先日のセクハラ野次発言騒動で一気に注目を集めた、みんなの党所属の東京都議員・塩村文夏さんですが、一連の騒動により、女性蔑視に関することや議会のあり方など、様々な問題が浮き彫りにされました。

すでにヤジの一言を発した鈴木章浩議員は発言を認め、謝罪をしたわけですが、現在もなお別のヤジについて一部では犯人探しが収まっていません。

その一方で、ことの発端となった塩村文夏議員についても過去の話が掘り返され、それがどうにも議員としてのモラルを考えさせられるものであるようです。

その過去とは一体どんなものだったのでしょうか。

塩村文夏議員も特に否定しておらず、多くで出回っている情報ですが、この方は昔グラビアアイドル出身で、明石家さんまさんの冠番組「恋のから騒ぎ」の出演経験もあります。

今の時代、政治家の資質として清廉潔白でなければならないと言うことはないですし、現在では様々な経歴を持つ政治家が当たり前のようにいますので、それ自体は特に問題ないと思います。

が、今回問題とされているのは、塩村文夏議員の過去の発言で「男とタダでは別れない」と発言していたり、場合によっては慰謝料を請求したこともあった、妊娠したと嘘をついたこともあるなどといったことをテレビの前で公表していたわけです。

改めてその時の話となると、「当時は話を盛りすぎた」と釈明していますが、否定しているわけでもなく、実際に慰謝料を請求していたのでは?(法律的な手続を踏んでいるならいいのですが)、妊娠したと嘘をついたときにも同様のことをしていたのでは?と言った憶測を呼び、彼女自体も窮地に立たされつつある状態です。

また、すでに書き込みは削除されていますが、どうも「子どもを産めないのか!」発言は別のものだった可能性があります。

yaji02

「完全一致」と「ほぼ同じ」はまるで意味が違います。ニュアンスや捉え方そのものが変わってくる可能性があるので、こういったことは完全一致で出してこそ議論がまともになるのであって、文言を変えてしまうと、ただの印象操作ということになりかねません。

どんな経歴を持っていても、純粋に政治に関わり、世を良くすると言う志を否定する気はありませんが、今回の件は事に固執するあまり、いらぬやぶ蛇をつついてしまったような感じもあります。

また、この問題を国会に訴えかけるのではなく、真っ先に海外の報道陣を相手に問題提起するなど、その手法もあまり気持ちのいいものではありません。
ここは日本ですので、まずは日本国内でこの問題を訴えかけ、もしもそれで相手にされないのであれば、改めて海外で問題提起をすると言うのが真っ当な順番ではないでしょうか。

もちろん、ヤジは許されるべきではありませんし、それを平然と発する男性議員のモラルの無さは政治の信頼性においても大きな問題であるのは間違いありません。
しかし、そればかりに執着し、自身の売名であるかのようにそのことだけを問題にし決着を長引かせ続ける事も良い事ではありません。

どうか、引き際も考え、本当に問題のある部分だけをしっかりと議論していただきたいものです。

ソース:塩村文夏に同情したことを後悔している皆さんのお言葉