佐々木希写真集「ささきき」

6月28日に全国で公開される和製ホラー最大のヒット作「呪怨」の最新作がいよいよ公開されます。

それに先立ち、モデル出身で現在は俳優業もこなす、佐々木希さんのインタビューが行われました。

今回、佐々木希さんは主演と言う事もあり、現在は女優としてのキャリアを積んでいく過程での話や、呪怨にまつわる話が主なものだったようです。

佐々木希さんはモデル出身と言う事もあり、さらに女優業と言うよりはバラエティ番組で見ることの多い方と言う印象の方が強い人も多いことかと思われます。

笑っていいとも!や、ぐるナイのような定番番組でのキャラ定着もあることや、正直なところ、出演作品自体があまりパッとしなかったこともあって、女優業に向いているのか?と言う疑問を多く持たれていたことは事実です。

また、肝心の演技力についても、ちょっと…と言う評価もあること、彼女自身が当初はお芝居の出演に対してあまり前向きではなかったと思われる点も影響しているのかもしれません。

しかし、先日最終回を迎えた「ファーストクラス」では、影のある女性モデルと言う役割をしっかりとこなし、演技力も着実に向上している感も伺えます。

今では覚悟を決めたようで、お芝居を避けていた頃を「最低だと思う」と振り返り、その上で女優業も続けていくとのことで、今は演技を続けるために必要な体力のなさを実感し、ジム通いまでしているのだとか。

とは言え、呪怨は世界的にも有名で、ハリウッド版まで製作されたほどの作品。恐怖を演じると言うのは非常に難しいもので、それに主役として抜擢されると言うのは大きなプレッシャーとなったことだと思います。

また、彼女自身が怖いのが苦手と公言していることもあり、なかなかに苦労の多い撮影だったのではないでしょうか。

着実に女優としてのキャリアを積み重ねていく佐々木希さんですが、数年後はどんな女優となっているのか、今から楽しみです。

6月28日公開の「呪怨 -終わりの始まり-」の予告編はこちらから。怖いのが苦手な方は再生しないように…

ソース:“女優・佐々木希”に迫る「今思うと最低だった」 モデルプレスインタビュー