Colours (CD+DVD)

一時期はエイベックスの稼ぎ頭であり、若者から絶大なる支持を得ていた歌姫、浜崎あゆみさんですが、最近はどうもエイベックスとの不仲説が流れています。

CDを出せばミリオンセラー、エイベックスのイベントはオオトリを飾るのが当たり前。ファッションセンスも抜群で、共感出来るその歌詞に心奪われる人が続出…。それが彼女のイメージでしたが、ここ最近はCD自体はオリコン上位に食い込んでいるものの、エイベックスのイベントではオオトリにならず、オリコン上位ではあるものの、昨今のCD販売不振に押されて売上も下降気味。

そんな状態にも関わらず、生活はロサンゼルスの自宅で過ごし、帰国の際はファーストクラス。その渡航費用は全てエイベックス持ちだとか。

今、音楽業界全体が売上不振に陥ってる中、一人セレブな生活をしていることにいよいよエイベックス側も業を煮やしたか、さらに最近の仕事状況に関しても全盛期のそれは見る影もないことから、本格的な闘争に発展しそうと言う見方が強くなってきているのです。

浜崎あゆみさんとしては、これまで自分がスターダムに上がって来れたのはエイベックス社長である松浦勝人氏の力であり、そのことに恩義を感じているからこその頑張りだったとも言われています。しかし、その松浦勝人社長は一線を退く、その実権は副社長である千葉龍平氏にあることから、最早これ以上エイベックスにこだわる必要がなくなってきているのでは?とのことです。

対してエイベックス側はCD販売の戦略に非常に長けており、どのタイミングでリリースするかと言うことについて強いこだわりがあることでも知られています。
そのため、確実に売上が見込めるであろうジャニーズタレントのCDの発売日は避ける傾向があり、売り出し中の歌手を同日の発売日に合わせると言うことはしません。

にもかかわらず、今回の浜崎あゆみさんの新アルバム「Colours」をジャニーズグループであるKis-My-Ft2の新アルバム「Kis-My-Journey」と同日発売するというのですから、この確執はもう埋めようがないのかもしれません。
ジャニーズも販売戦略は非常にこだわっており、確実にオリコンランキング1位を狙ってくること。しかも最近のCD売上事情はジャニーズかAKBしかないと言われるほど独占状態です。

以上のことから、エイベックスは浜崎あゆみを捨てたと言われてもおかしな話でもなく、浜崎あゆみさん側もエイベックスを去る覚悟が出来た と言う噂が立っても仕方のないことなのかもしれません。

浜崎あゆみさんは今夏も行われるエイベックス主催の夏フェス「a-nation」に出演する予定ですが、これがエイベックスでの最後の公演かもしれないとも言われています。

1990年代から2000年代にかけて一時代を築いた歌姫・浜崎あゆみ。今でこそその影響力は少なくなったとしても、今後の動向に業界から注目が集まっているようです。