後藤真希 活動休止前ラスト写真集 『 go to natura ... 』

モーニング娘。も結成して18年。

初期メンバーは既にいないものの、芸能界を引退したメンバーも入れば、現在も歌手として、バラエティアイドルとしてなど、様々な場で活躍をしている人もいます。

そんな中、絶大な人気を誇りながらも、多くのトラブルに見回れ活動停止を余儀なくされてしまったメンバーもいます。最も顕著なのがゴマキこと「後藤真希」と、加護ちゃんこと「加護亜依」の2名ではないでしょうか。

そんな二人ですが、2014年になり、活動再開の動きがある模様ですが、その評価は完全にまっぷたつに分かれている模様…。

まず、後藤真希さんの方はモーニング娘。卒業後、歌手としてソロ活動を開始しました。

全盛期ほどの人気を博したかどうかは疑問であるものの、固定ファンが多く、ファンに対して誠実な姿が長年の人気を維持し続けると言っても過言ではないでしょう。

しかし、多くのファンに囲まれ、これからさらに活動の幅が広くなっていくと期待されながらも、弟であり、元・EE JUMPメンバーであるユウキこと「後藤祐樹」氏の度重なる不祥事に巻き込まれ、活動を自粛せざるを得なくなってしまったこと、さらに追い打ちをかけるように身内のトラブルなどが相次ぎ、そのまま活動停止までに至ってしまいました。

加護亜依さんは未成年でありながら喫煙している姿を目撃され、それが2度続いてしまったことから事務所を解雇されます。その後も荒れた生活を送っていたようで、最近では不倫騒動から裁判沙汰になるまで発展するほどのトラブルを引き起こし、完全に活動を停止している状態となっています。

そんな境遇の二人ですが、どちらも活動再開を切に願っており、後藤真希さんについては自身のブログでいいお話があったと報告。加護亜依さんも前向きに活動再開を考えていると言う報告がありました。

しかし、それぞれで評価は全く異なるものとなっており、後藤真希さんについては応援の声が多いものの、加護亜依さんの方は批判が強いものとなっています。

後藤真希さんはどちらかと言えばトラブルに「巻き込まれた」側と言う見方が強く、彼女の性質の問題ではなく、要因が別のところにあったこと、さらにその中で前向きに頑張ろうと誠実な姿がファンにとっては心うたれるものがあったのでしょう。

対して加護亜依さんの場合、トラブルのほとんどが「自身で引き起こしたもの」です。

さらに反省の色も見えず、さらに不祥事を引き起こしていることから、ファンは一気に離れてしまっているのでしょう。

ファンに対して誠実であるかどうか、芸能活動を続けていくためにしっかりと準備を進めてきたかなど、様々な理由はあると思いますが、アイドルとしてメディアの前に登場することがどう言うことかをしっかりと考えていたかどうかの差ではないかと思います。

元・モーニング娘。と言う栄光を背負いながらも、そのまま突き進んでいけるか、それとも挫折してしまうか、どちらにしても、今年は彼女達にとって正念場なのかもしれませんね。

アイドルというのは非常に短命な商売です。ここから生まれ変わるには想像以上の努力、才能、運が必要なんだと思います。

後藤真希さんの軌跡。完全復活を期待しています。

CDセールスは鳴かず飛ばずだったものの、意外と評価されている加護亜依さんのジャズ。