千秋の手作り雑貨 HELLO! CiRCUS BOOK

ママタレント、歌手、デザイナーなどマルチな展開で活動をしている千秋さんですが、「ぼくのなつやすみ」と言うゲームをどうしてもしたくなり、元夫であり、漫才コンビ「ココリコ」の遠藤章造氏からPSPを借りたと言うことを明かしました。

千秋さんと遠藤章造さんは2007年12月末に離婚しましたが、その後も親交があり、育児のサポートやメールのやり取り、番組の共演もするなど、現在でも仲の良い元夫婦と言うことで知られています。

今回の報告もその仲の良さがはっきりと証明されたわけですが、なぜこの二人が離婚したのかは謎に思っている人も多いのではないでしょうか。

千秋さんと遠藤章造さんについては、テレビでの共演はもちろん、離婚後も交流があることが何度となく触れられています。

特に有名なのが、年末の恒例となった、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の特番「笑ってはいけない24時」シリーズで何度となく共演していることでしょう。

いつも遠藤氏を吊るし上げるかのごとく、過去の罪状を千秋さんが断罪すると言うシーンは最早名物であり、これを期待している人も多いことかと思います。

また、笑っていいともでは遠藤氏がゲストのとき、次のゲストが千秋さんだったと言うのも視聴者を驚かせたのはもちろん、ニュースにもなって話題を集めたことも記憶に新しいところです。

夫婦の関係と言っても色々ありますし、例えば離婚はしていないものの夫婦仲はすでに破綻しており、仮面夫婦を演じていると言うこともあれば、離婚の結果、とんでもない修羅場案件になってしまって未だに解決していないと言うケースもあるもので、離婚後もお互い交流があって仲がいいと言うのは、それはそれとして二人の形なのかもしれません。

お互い子どものことは大切で、遠藤氏は離婚後も育児のサポートをしており、責任も取っているので、別に離婚しててもこんな二人ならいいのでは?と思う人も多いのか、あまり二人の仲に何かを言う人もいないですしね。

言われるとすれば、遠藤氏の浮気癖と言いますか、笑ってはいけないシリーズで赤裸々に明かされる女性遍歴ですが、毎度断罪されていますので、毎年反省しなければならないと言う意味においては、その責は十分に負っているのかもしれません。

ともあれ、二人とも芸能人としてメディアに出ることも多く、干されると言ったこともなく健在ですので、そう言うことでいいのではないでしょうか。
離婚してても仲がいいと言うのは、ある意味においての理想のひとつなのかもしれません?