日本代表激闘録 2014FIFAワールドカップブラジルアジア地区最終予選 [DVD]

6月20日午前7時より行われた、ブラジルワールドカップ予選リーグの日本VSギリシャ。
今日も早起きをして観戦した人もいれば、学校、会社を半休取って見ていた人もいるかと思います。

そんな中日本はギリシャを圧倒しつつも点を取りきれず、途中レッドカードによって10人になってしまった相手最終的に0:0の引き分けとなってしまいました。

前回のコートジボワール戦で負けてしまっている以上、どうしても欲しい勝利でしたが、それはギリシャとて同じこと。最後まで攻め続けたもののゴールには至りませんでした。

と言う事は、現時点で日本は勝ち点1しかなく、すでに2連勝を決めている、勝ち点6のコロンビアと、そのコロンビアに負けながらも勝ち点3のコートジボワールが決勝トーナメント進出濃厚な状態で、後を追う日本とギリシャはそれぞれ勝ち点1。かなり苦しい状況です。

しかし、まだ諦められないですし、わずかですが希望もあります。かなりの難関ですが、日本が決勝トーナメントに進出する条件はどういったものかおさらいしてみましょう。

絶対条件は「日本がコロンビアに勝利する」ことです。
これがなければ話が進まず、負けは当然ですが、引き分けも許されません。絶対に勝利しなければなりません。

が、日本が勝利するだけではまだ足りず、ギリシャとコートジボワール戦においても、ギリシャが負けた時点で敗退が確定します。
例え日本がコロンビアに大差をつけて勝利したとしても、ギリシャが負けた時点で終了となってしまいます。

次に、ギリシャが敗北をしないと言う場合、ギリシャがコートジボワールに勝利すれば、日本は決勝トーナメント進出になります。

引き分けの場合、日本はコロンビア戦で2点差以上つけて勝利しなければなりません。

まとめると

絶対条件:日本がコロンビアに勝利

ギリシャ対コートジボワール戦
①ギリシャ勝ちの場合
ギリシャが1点差で勝つ
ギリシャが2点差で勝ち、得点数で日本が上回る

②引き分けの場合
日本が2点差以上で勝つ
1点差なら日本が3点以上とる

③コートジボワールの勝利
敗退

となります。かなり苦しい条件です。
これまでの戦績を見るに、ほぼ絶望的と見てもいいかもしれません。

しかし、まだ可能性0ではない以上チャレンジするのがスポーツ選手の真骨頂ですし、サポーターはその姿を応援することこそ使命のひとつ。
可能性は限りなく低くとも、最後の最後まで全力で戦ってくれることを期待しています。