日本の女性がグローバル社会で戦う方法

日本のスポーツ観戦において、特にサッカーにおいてはサポーターのマナーについて注目されることがあります。

なぜかと言うと、サポーターは試合観戦終了後、そこに散らかったゴミは自分たちで片付け、適切な場所に捨てる、物によっては持ち帰ると言った習慣があることから、それを評価する国が多いからなのです。

現在熱戦が繰り広げられているサッカーワールドカップにおいても、それは発揮され、日本サポーターの帰った後のスタジアムの一部の席が綺麗に片付いていたと言う事が現地ブラジルでも話題になっていました。

が、それに異を唱える人もいないわけではありません。それが誰かと言うと…?

「サポーターがスタジアムで出たゴミを拾うと、掃除業者の仕事が無くなる」とニュースサイト・WirelessWire Newsに寄稿した日本人がいます。

それが一部ではものすごく有名な、イギリス在住の通信業界のコンサルタント「めいろま」こと谷本真由美さんなのですが、この発言が波紋を呼び、一部で議論となっているのです。

国にはその国の事情がありますので、必ずしも日本のマナーがまかり通るわけでもありませんし、日本人の気遣いが海外の人にとっては面倒と感じるケースも少なくはありません。
そう言う意味で、ブラジルのお国柄事情としては本当に失礼だったのか?と言うことで本当に失礼であったら考える余地はあるものですが、現地ブラジルでは、その高度なマナー遵守精神を評価すると言う声が多くなっているようです。

と言う事は、多数決で物事を決めるわけではないにせよ、谷本真由美さんの言ってることは自分の感覚だけでものを言ってる可能性も高いわけですね。

また、彼女はことあるごとに「欧米では」「欧米では」と、日本と欧米諸国を比較し、理由を作っては日本を非難すると言うのが芸風なところがあります。
彼女なりに今の日本のあり方に不満はあるのでしょうが、なんでもかんでも欧米と紐つけると言うのも見苦しいもので、ネット上では賛同者と同等に批判者も多く、何かを発言するたびに議論が巻き起こる、名物女史ともなっているのです。

そんなに日本が嫌ならとっとと国籍を変えて日本に関わらないようにすれば良いのにと思うのですが、この芸風で飯を食っている以上は引き下がれないところもありそうな気もします。

なんにせよ日本に対して難癖をつけたがると言うのは見てて気持ちのいいものではないですね。

今回の件についても、別に日本人客がスタジアム内の一部を自分たちで片付けたからと言って、掃除業者の仕事が無くなるわけでもないですし、試合は連日続くものですから、たかが一日作業量が減っただけで咎められると言うのも日本人の感覚としては不思議だなとは思ってしまいます。

もちろんブラジル側が公式とは言わずとも、ブラジル人の声の多数として「迷惑行為だ」と言うのであれば、郷に従うべきでしょうけど、実際はそうでもなさそうなので、今回も女史の暴走と言ったところが大体の感想のようです。

何かと物議を醸す発言を好む方ですし、それが商売でしたら咎めはしませんが、ともかく欧米が欧米がと言うのもみっともないようには見えます。私たちは日本人ですよ。と言うところから話をしないとならないのですが、これまで多くの人が挑戦して聞く耳を持たなかったので、放置しておくのが一番なのでしょう。