BIKING01.jpg

長寿番組であり、お昼の顔として人気を博したバラエティ番組「笑っていいとも!」が終了し、後釜番組として据えられた新しい昼の顔「バイキング」ですが、やはりと言うか視聴率はふるわず、ついに視聴率が1%台まで下がってしまったようです。

バイキングは笑っていいとも!と違い、単独MCではなく日替わりでMC及びレギュラーが入れ替わります。そのため、毎日違う顔をした番組として勝負に出るところでしたが、やはり全員が束になってもタモリ氏1人に勝つことは出来ず、内輪で盛り上がっているだけの中途半端な番組となってしまったようで…

そのため、テコ入れ必至と言わんばかりに、様々なアイデアを持ち寄ってなんとかテコ入れをしようと画策している模様。

そもそも、お昼12時台の番組は密かに激戦区となっており、TBSでは「ひるおび!」が、日本テレビでは「ヒルナンデス」が放映されており、どちらも一定の支持層が存在しています。ヒルナンデスに至っては笑っていいともを越えるのでは?と言われる程内容に富んでおり、日替わりのMCであってもそれぞれの個性を生かした番組編成となっているため、飽きがこないように工夫されています。

何より、ひるおび!についても、ヒルナンデスについても、恵俊彰氏、南原清隆氏がそれぞれ総合MCとして仕切っているため、安定感がありますね。

それに比べるとバイキングはどうしても見落とししてしまう印象が強いことや、新鮮味のないコンテンツの繰り返しをしているだけとの評判であったりと、笑っていいとも!の視聴者層が別の番組へ流れていってしまっているようなのです。

フジテレビの亀山千広社長はテコ入れの方法として地方ロケを増やし、全国行脚していくことで視聴率を取り返せると信じているようですが、それは既にNHKがずっと続けている手法なわけでして、やはり二番煎じ感は拭えません。

バイキングのMC陣も決して他番組に見劣りすることは決してありませんが、他のバラエティ番組においてあまりにも定番過ぎる編成ですので、もう見飽きてる人も多いのかもしれませんね。また、独自のコーナーを持っていない、これぞフジテレビ!と言ったものが残念ながらないようですので、抜本的な変更を求められるか、さもなくば早々に打ち切りを宣言してしまう方が傷は浅くて済むかもしれません。

ともあれ、まだ始まったばかりの番組なので何とも言えないところですが、少なくとも現時点では魅力のない番組であり、それを視聴率が物語っています。フジテレビも過去の幻想に囚われず、一世を風靡した独特のコンテンツを用意するよう頑張って欲しいものです。

ソース:フジ社長「バイキング」浮上のカギは地方ロケ行脚…視聴率1%台でテコ入れ策