パンフレット ★ 中居正広 2002 映画 「模倣犯」

6月15日、フジテレビ系バラエティ「ワイドナB面」にて、SMAPのリーダーである中居正広氏がSMAPの解散について語るシーンが話題になりました。

SMAPと言えば、1988年の結成から現在に至るまでの26年間、アイドルグループとして常に一線を走り続け、未だに数々の番組に出演するのはもちろん、CDセールスも好調、メンバーもそれぞれ独立して様々なドラマ、映画に出演するなど、マルチな活動を続けているモンスターアイドルです。

日本のアイドルの中でも確実にナンバーワングループであるのは間違いなく、日本アイドル史に確実に名前が刻まれるほどの持続する人気は、最早他のアイドルとは一線を画していると言えるでしょう。

そんなSMAPですが、リーダー・中居正広氏の今の心境はどうなのか。気になるところではないでしょうか。

少なくとも現在において、SMAPの解散は考えられないと言うのが中居正広氏の心境とのことで、ファンはまずは一安心と言ったところでしょうか。

これだけ長く活動し、メンバーとの付き合いも家族と過ごすよりも長いと言っても過言ではない環境の中、まだまだ出来ることがある、チャレンジしてみたいことがあると言うのは偉大なことですし、それはもちろんSMAPと言うグループの枠組みとして、メンバー各個人として、それぞれ両立させていると言う時点で、SMAPはものすごいグループであることが分かるはずです。

ただ、26年間もアイドルグループをしていると、やはり年齢的なものが気になってくるところですし、結成当時はまだ10代半ば、香取慎吾氏に至ってはまだ11歳だったわけですが、今となってはメンバー全員アラフォー世代です。どれだけトレーニングを積み、ダンスの練習を続けていたとしても、どうしても衰えを感じてしまうようで、中居正広氏も身体が動かなくなってきていることを危惧しています。

特に中居正広氏の場合、歌唱力がどうしても補えないところが自身でもはっきりと公言しており、ダンスの腕前は超一流ですが歌唱力となると、アイドルとしてはちょっと恥ずかしく、持ち前のダンスが衰えて行くことを実感するのは恐怖以外の何者でもないのかもしれません。

しかし、いつかはSMAPとして活動することが無くなってしまったとき、自分たちは今後どのような活動をするのかと言うのは模索を始めている模様です。まだ全然想像がつかないとのことですが、それぞれが独自のパーソナリティを持っているがゆえに、例え解散しても上手にやっていけてしまうだけにその心境も複雑なところはあるかもしれません。

とは言え、SMAPはやはり5人揃ってこそSMAPというもの。このモンスターアイドルを越えるアイドルはこの先出現するかどうかも分からないですし、例え現れるとしても、まだまだ先の話なのは間違いないでしょう。

いつかは解散の2文字を受け入れなければならないときは来るでしょうが、その時まで全力で頑張って頂きたいものです。

ソース:中居正広が「SMAP解散」について激白