皇帝ミハエル・シューマッハの軌跡―Danke,Schumi!

F1チャンピオンとして名ドライバーのミハエル・シューマッハ氏が、6ヶ月の入院を経て、昏睡状態から回復し、このたびようやく退院したことが分かりました。

これから長期リハビリのため、リハビリ施設に移動するとのことです。リハビリ場所は明らかにされていません。

長らくの昏睡状態からの復帰と言うことで、身体はほとんど動かない状態が予想され、長く厳しいリハビリとなるでしょうが、ようやく英雄の復帰と言うことでファンも一安心と言ったところでしょう。

ミハエル・シューマッハはドイツ人初のF1チャンピオンであり、優勝回数91回、チャンピオン7回と、非常に優秀な成績を残しており、その正確無比なドライビングテクニックを見て「ターミネーター」、「サイボーグ」などとも呼ばれています。

2013年12月29日、フランスのリゾート地でスキー中に事故を起こし、昏睡状態が続く重体となり、長らく入院生活を余儀なくされていました。

その間に死亡説が流れたり、昏睡状態から脱したなどと様々な噂やデマが飛び交いましたが、2014年6月15日、正式に意識を取り戻しており、退院可能な状態にまで回復したことが伝えられました。

半年も昏睡状態が続いていたとなると、その後遺症は非常に重く、今後正常に身動きが取れるかどうかも分からないのが現状と言ったところでしょう。そのため、リハビリは厳しいものになるのは間違いありませんが、何はともあれ一命を取り留め、回復が伝えられただけでもファンとしてこみ上げるものがあるのではないでしょうか。

これからもまだ表舞台に立つことは難しいでしょうが、世界中を魅了したF1の英雄でもあります。その情報は定期的に伝えられるでしょうし、何よりも、伝説のF1レーサーであるアイルトン・セナのように、命を失ってしまうと言うことがないだけでも嬉しい話です。

さすがに今後F1復帰はほぼ無理と考えても良いでしょうが。まずは生還を喜びたいものですね。

ソース:【速報:公式声明】ミハエル・シューマッハ退院!昏睡状態から脱する