ishihara01.jpg

兼ねてより不仲説やすれ違いが噂されていた、日本維新の会の共同代表である石原慎太郎氏と橋下徹氏が袂を分かつとの報道がありました。

野党再編に向けて結いの党と合流をめざす橋下徹氏と、意見の一致が見られない限り合流はないとする石原慎太郎氏との間で言い分が食い違い、分党することによって解決を見る模様です。

「一緒に行動できない」維新の会“分党”へ

野党再編と言えば聞こえは良いですが、現状において責任野党と言えるようなところはなく、かつて政権の座にいた民主党も最早風前の灯火(なくなってもいい政党でしょう)。

自民党に対して的確に反論を述べられる政党が存在していないと言う点が現状の政治の問題のひとつかもしれません。

これは自民党が正しい、間違っていると言う事ではなく、政治のあり方として独裁を許さない自浄作用がどこかで求められるわけでして、それを促す政党がいないことが問題と言うことです。政治にベターな解答はあっても絶対的に正しいと言うものはありませんから。

日本維新の会はどちらかと言えば政治思想的には右的な方向に傾いてる感もありますが、それは石原代表の思想であって、橋本代表の思想はちょっと違う方向ではないか?と結党時から疑問には思っていたところですが、やはりこういった部分で問題が噴出してしまうのは、ある意味時間の問題だったのかもしれません。

ともあれ、現時点で結いの党には勢力的なものもなければ力もない、比例代表で当選した議員だらけの零細政党でもあります。そこと合流したところで何か大きなうねりが生まれるとは到底思えず、現状維持はおろか、責任を持って反論が出来る野党の力がよけいに弱くなっただけでは?とも思ってしまうのですが政治の闇は色々と深いものです。

一国民としては、政治政党のゴタゴタはどうでもよろしいので、日本国民のためのベターな政治姿勢を見せていただきたいところですね。

決して政党助成金くすねるための一芝居だとか、そんな風には思ってませんよ?多分。