taizo01

6月8日放映されたテレビ朝日系バラエティ番組「シルシルミシルさんデー特別版 くりぃむシチューの超!怒られた発表会」にて、これまで芸能界やスポーツ界などの様々な分野で有名人の「怒られた」エピソーソが披露されました。

その中でも極めて異質だったのが、元・自民党衆議院議員であり、小泉チルドレンの一人だった杉村太蔵氏です。

彼はこれまで数々のビックリ発言で世間を驚かせ、大批判を受けてしまいました。

挙句、次の総選挙では当然選ばれることはなく落選。その後も政界進出に意欲を示すも全く相手にされず、現在は主にバラエティ番組でのいじられキャラとして定着しつつあります。

前代未聞の26歳と言う若さで衆議院当選した彼ですが、初日からいきなり、当選の感想を「棚からボタモチ」と言い表したことで有権者を怒らせ、その後は政治家としての給料でグリーン車に乗れる、BMWが欲しいなど、国民の税金を難だと思ってるんだとでも言わんばかりの迷言が続き、結局何の活躍も出来ないまま、謝罪回数の方が多い政治生命でした。

確かに元・民主党の鳩山由紀夫氏のような、一歩でも動くだけで迷惑な人とは違い、誰かを傷つけたわけでもなければ差別したわけではなく、ただわがままだっただけと言えばその通りですが、彼の活動資金とて我々の税金から出るものですから、国民の怒りももっともな話です。

その辺りを鑑みなかった時点で政治家としての素養もなかったのは間違いないところですし、そもそも今回の発言だけでなく、以前から謝罪会見時においても「謝り方をレクチャーしてもらっている」と公言していますので、今回も言い訳は出来ないところでしょう。(眉間に皺を寄せて半分うつむいて謝罪すると効果的だそうです)

今回も多くのゲストに大批判された挙句、その後も視聴者に散々批判されたようですが、こればかりはもう性根の問題ですので、治しようもないのかもしれません。

とは言え、芸能界であればそんなわがままなキャラも許されるところもありますし、同じくゲストだった坂上忍氏も、あの潔癖性は度を超えて気持ち悪いとの声もありながら、それでもレギュラー番組を持ったりもするものです。

彼は彼で、批判されキャラとして芸能界に残った方が良いのかもしれませんね?