akbsou01

最早この時期の風物詩となりましたAKB総選挙。

研究生を含めたAKBメンバー立候補者全員で時期センターを決定するイベントですが、年を追うごとにその規模も拡大し、ついにはテレビ放映され、今では日本中が注目する一大イベントのひとつにもなりました。

毎年、誰が1位になるのか予測が立てられ、ファン同士の間だけではなく、各種メディアでも語られることの多くなったこの話題。

今年は大島優子を筆頭とした、初期メンバーの中でも特に人気のあったメンバーのほとんどが居なくなりながらも、この過酷な戦いを勝ち抜いたのは「まゆゆ」こと渡辺麻友さんでした。

昨年1位の指原莉乃さんを追い抜いての優勝でした。

渡辺麻友さんはAKB48のチームBに所属。

最近の総選挙結果としては、ここ数年間ベスト5には入っているものの、人気・注目度共にナンバーワンであった前田敦子さんや、大島優子さんなどのメンバーに押され、さらにベスト5メンバーにしては、どちらかと言えばメディアの露出が少ない部類に入るであろうことから、人気はあるものの突出して上に上がると言う事はあまりない印象でした。

しかし、確かな人気と着実な活動が実を結び、既に卒業しているメンバーからも1位の可能性があると太鼓判を押されていたことから、予想だにしない結末と言うわけではなく、蓋を開ければ当然の結果にも見えるかもしれません。

ともあれ、先日の暴行事件などにより開催まで危ぶまれたAKB総選挙ですが、こうして無事開催され、全ての日程が滞りなく終わったと言うのはファン的にも視聴者的にも安堵出来るものではなかったでしょうか。

AKB48と言うアイドルを取り巻く環境は、色んな意味で厳しいものであり、時に社会問題を投げかける程大きな規模のものとなっていますが、その中での1位と言う事は、アイドルとして大成した瞬間とも言えるのではないかと思います。

何はともあれ、渡辺麻友さんおめでとうございます!

ちなみに、2位以下は以下の通りです。

2位:指原莉乃
3位:柏木由紀
4位:松井珠理奈
5位:松井玲奈
6位:山本彩
7位:島崎遥香
8位:小嶋陽菜
9位:高橋みなみ
10位:須田亜香里
11位:宮脇咲良
12位:宮澤佐江
13位:横山由依
14位:生駒里奈
15位:柴田阿弥
16位:川栄李奈