tsubasa01.jpg

もうすぐワールドカップが開催されることで少しずつ盛り上がりを見せている日本サッカー界ですが、欧州で活躍している選手中心の代表チームの中、国内リーグであるJリーガーたちも決して負けていません。
どれくらい負けてないかと言うと…?

答えは大人気サッカー漫画「キャプテン翼」のスーパープレイにありました。

現在、Jリーグとキャプテン翼のコラボレーション企画が開催されており、Jリーガーがキャプテン翼で描かれた名シュートの数々を実際にプレイする動画が公開されています。

特に漫画を知っている人から見れば夢のシュートですが、知らない人から見ても、どれくらい難易度が高いシュートなのかすぐに分かることでしょう。
その結果やいかに…?


早田君のカミソリシュート。
異常な程の急カーブを見せ、まるでカミソリであるかのようにゴールに突き刺さります。


日向君の反動蹴速迅砲(はんどうしゅうそくじんほう)
超至近距離から相手のシュートを跳ね返すことでより威力の高いシュートを撃つことが出来ます。

キッカーの大久保選手は日本代表に再選出されましたが、残念ながら中村憲剛選手は選ばれませんでした。
この二人が揃えばワールドカップの大舞台で反動蹴速迅砲を見ることが出来たかも知れないのに…!


翼君と岬君だけでなく、立花兄弟や他の選手も撃つことのある、二人でひとつのボールを蹴るツインシュート。
もっとも難易度が低そうに見えますが、実際大人の足にとってサッカーボールは小さなものですので、お互いの足に当てずにシュートを撃ち、かつゴールネットを揺らすと言うのは至難の業です。

現在は上記3つが公開されていますが、以降もまだまだスーパーシュートが見れるとのことです!

Jリーグ×キャプテン翼 ドリームシュート