TOKYO MXの人気番組「5時に夢中!」の水曜レギュラーを務める小説家でエッセイスト、コメンテーターも務める中村うさぎさんですが、このたび降板が確定することとなりその胸中を番組内のビデオ出演という形で発表しました。

降板の理由はこれまでの共演者への暴言ということもあり、実質クビに近いものではないか?という憶測もあるものの、元からの歯に衣を着せぬ物言いでお馴染みの彼女でもありますから、それはそれとして困惑もあったようです。

相手に誤解を与えてしまったことに非があるか?

エッセイストでもあり、その文章自体もなかなかに攻撃的なところがある彼女ですが、コメンテーターとしても毒舌家として一部では知られているところであります。

ご本人曰く「私にしては、あまり暴力的なものではなくてね。その後、よくよく冷静になって考えてみたらですね、誤解されるような言い方をしたみたいなの。私にも非があるのかもしれずですよ。」ということなのですが、言葉の受け取り手の方まで考えが至らなかったというのも事実。

文章の世界で生きている方ですので、表現方法自体は仕方ない?ところもあるかもしれませんが、多くの視聴者も彼女の毒舌については賛否両論だったようです。

暴言騒動のきっかけは美保純さんとのこと

正式な発表はありませんが、昨年4月にあった中村うさぎさんの暴言騒動について、そのお相手は美保純さんと言われています。

今回の降板話についてもノーコメントを貫いているようですが、当時を振り返ってみると、中村うさぎさんは2013年8月から3ヶ月ほど入院(病気については原因不明とのこと)しており、その後もしばらくはステロイド注射などの副作用で混乱している時期があったのも知られているところです。

このことを知ってか知らずか美保純さんの方からも彼女が傷つくと思われる暴言を吐いたと思われる節もあるようで、必ずしも中村うさぎさん一方が悪いというわけでもなさそうですね。

ただ、問題として二人の仲が修復不能状態であるとも言われており、この確執から中村うさぎさん側から一歩引いた形ともなるようです。

名物コメンテーター降板でTOKYO MXの対応は?

TOKYO MXと言えば、数々の問題芸能人でも平然と起用するほどの懐の広い局としても知られており、落ち目芸能人の敗者復活の場とも言われています。

度量の広い局である分、中村うさぎさんのように攻撃的な発言も許容できるバラエティを作り上げた実績はあるものの、やはり人気番組の中の人気コメンテーターを失うというのは痛手となるのは違いありません。

しかし、コメントの中には「また文筆業に戻るものの、テレビ出演を希望する時はまた同番組で復活したい」という旨も発表していますので、彼女の物言いに好感を寄せているファンにとっては、希望をもってもいいのではないでしょうか?

ソース:「5時夢」降板うさぎ氏コメント全文「共演者に暴言 私に非」