AKB4801.jpg

本日の芸能ニュースと言えば急遽入ったこの話題に集約されるかと思います。

AKB握手会、川栄さんや入山さん襲われる 指や頭けが

今のところ動機などは分かっていませんが、非常に卑劣な犯行です。

既に各種ニュースサイトや芸能ニュースなどでも大きく報道されており、テレビなどでも相次いで取り扱っていますが、考え方によっては、いつかは起こりえた事件と言えるのかもしれません。

AKB48と言えば身近なアイドルとして、秋葉原の地下アイドルとして活動後、一気に大きくなったアイドルグループですが、すでに固定ファンも多く、熱心な信者が多いことでも知られています。

今のところ犯人の動機は分かりませんが、今後それに併せて運営側の問題や事前チェックに関することなども分かってくるでしょうから続報を待つことになるでしょう。

AKB握手会場、突然の悲鳴 手荷物検査はランダム

このような報道もされていますが、実際には来場者の良心に任せきりだった点は否定しようもないものですから、今後の警備体制などについて、皮肉にも再考の余地があることは間違いありません。

これまでにも大きく取り上げられてはいないものの、このようなイベントでは様々なトラブル自体はあるものですので、油断せずに気を引き締めて警備とは何かを考えていただきたいものです。

さて、今後しばらくは様々な情報が流れてくるでしょうが、まず念頭においておきたいのは、主にTwitterで既に出回っているデマに対しては注意しておきましょう。

AKBdema01.jpg
こんなものが流れていたりしますが、完全に嘘です。デマですので絶対に信じないようにしてください。

メンバーは「刺されて」いません。「斬りつけられた」んです。

情報の流通の早い世界ですから、最初に流れた情報を信じる人も多く、それがより一層混乱を招いているものですが、事実関係はまだ明らかになっていないことの方が多く、犯人の顔写真などについてもほぼ全てがデマと言っても過言ではありません。

もしもあなたがTwitterをしていたら、安易な情報は決してリツイートなどせず、信頼出来るメディアの情報のみを追うようにしましょう。もしもデマと分かっていても、犯人ではない誰かの顔写真を公の場に流通させることにより、自分が名誉毀損などで訴えられる可能性もあります。

そこら中から流れてくる他人の喧噪も面白いものですが、度が過ぎるのも問題です。

何よりも傷ついているのは傷つけられた本人達です。一刻も早い回復を祈りたいものです。