しごとのはなし

10月6日に放送されたテレビ朝日系討論番組「ビートたけしのTVタックル」内にて、爆笑問題の太田光氏が過去にニッポン放送深夜のラジオ番組・オールナイトニッポンを出入り禁止になった過去を暴露する一幕がありました。

ビートたけしのオールナイトニッポンが放送されていた頃、その回は欠席する事になってしまったビートたけし氏の代打として太田光氏が抜擢されたのですが、たけし氏同様に毒舌で勝負しようとしたところ「ビートたけしは死にました」と発言してしまい、これが大問題となってしまったとのこと。

当時から押しも押されぬ人気であり、多くの弟子を抱える氏の悪口を言ったものですから、その中で浅草キッドの水道橋博士氏が代激怒してしまい、そのまま以後の出演はなくなってしまったそうです。

太田光氏の振り返る当時の話

太田光氏も毒舌がウリのキャラであり、時事問題を皮肉めいた口調で語ったり、時にどう考えても放送的に苦しいような悪口を叩いたりと問題行動の多いところがありますが、若い頃はもっと毒舌が酷く、皮肉と言うよりは完全に悪口である事の方が多かったように思えます。

その事もあり、毒舌家で皮肉屋でもあるビートたけし氏と同様の事が出来ると思ったところからの「ビートたけしは死にました」発言だったのですが、結局は大きな反感を買ってしまい、「俺がやっても許される問題じゃなかった」と反省の弁を述べることとなってしまったようです。

太田光と水道橋博士の仲は?

オールナイトニッポンでやらかしてしまってから以降、たびたび水道橋博士氏との不仲疑惑が取沙汰される事もあり、実際に不仲であるようなエピソードもいくつか存在していますが、実際のところは仲がいいとのこと。

不仲であったり、喧嘩越しであったりするのはあくまで「ネタ」であり、実際は浅草キッドで水道橋博士氏の相方である玉袋筋太郎氏の著書と太田光氏の著書の間で交流がある風な記載があるなど、コンビ間としての不仲ではないのは確実です。

また、お互いの番組にゲスト出演する事もあるようですので、多くで言われているほどの不仲さと言うわけではないのでしょう。

太田光とオールナイトニッポン

ビートたけし氏の番組内でやらかしてしまって以来はオールナイトニッポン出入り禁止となるというエピソードを持っているわけですから、何かと思うところもあるのでしょうか。

つい先日も「ナインティナインのオールナイトニッポン」において、矢部浩之氏の卒業について想いのたけをぶちまけてしまった結果、単なる勘違いで本人に「謝って下さい(笑)」と言われるなど、どうにもオールナイトニッポンとは相性が悪いような気もしますね。

ナイナイ・矢部浩之、爆笑問題太田光に謝罪要求!?オールナイトニッポン降板の理由について

さすがにもう出入り禁止は時効でしょうから、もしかすると今後はオファーもあるかもしれませんが、現在はライバル局のひとつでもあるTBSラジオで人気パーソナリティとしても活躍しているところですから、やはり番組の登場は難しいかもしれません?

ソース:太田光が「ビートたけしは死にました」と過去に発言→水道橋博士が殴り込み