M2 デラックスなマスク

多くのバラエティで様々な問題の切り込み隊長としても知名度の高い毒舌の女装家、マツコ・デラックスさんが、6月1日に放映された、テレビ朝日系バラエティ番組「ビートたけしのいかがなもの会」にて出入り禁止になっている遊園地があることを告白しました。

なんでも、その遊園地は女装やヘビメタファッションなどの過度に華美なコスプレは禁止されているため、女装に該当する女装家はもちろん、オネエ系の人でもダメとのことで、同番組に出演したクリス松村氏も、遊園地に来園時は必ず事前連絡をするようにとお達しを受けているとのこと。

その某遊園地とは一体どこなのでしょうか。

誰もが知っているメジャーな遊園地と言えば、今ではその数も限られており、絞っていくと大体想像がつくものなのですが、どれも断定はできないようでネット上でも様々な遊園地がやり玉に挙げられています。

おそらくは某夢の国のことなのでは?と言う憶測が飛び交っていますが、その辺りがもっともらしいと言えばそうかもしれません。映画舞台をモチーフにしたテーマパークではコスプレに関してはおおらかなところがありますし、その他の遊園地ともなると、どこも似たようなところがありますので、それならわざわざ「某」とつけなくとも、ほとんどの遊園地において出入り禁止と言う事になってしまうでしょう。

そうなると、やはり夢の国で確定か…?と言う話なのですが、さすがにそこまでは語ってもらえないようです。

近年急速に注目度が高まり、存在を認知されつつある女装家やオネエキャラですが、やはり社会の風当たりは強いようで、思うように実社会で生活をすると言うのは見えないところでの苦労が数多く隠されているのかもしれません。

それはある程度仕方の無いところではあるのでしょうが、遊園地側も厳しいと言えば厳しいものですね。こればかりは日本の国内事情だったりするので、どうしてもと言うのならおおらかな国の夢の国に行くのもひとつの手段かなとは思いますが、そこまでして行くものなのかと言うのもなんだか、いかがなものかという感じです。