金メダルへの道

オリンピックフィギュアスケート金メダリスト・荒川静香さんの稼ぎっぷりが凄いとの評判です。

オリンピックで金メダルを獲った後はアマチュア界を引退し、プロの舞台へ転向しましたが、フィギュア競技のテレビ放映などでは解説にも登場していますので、その露出や知名度、影響力はいまだ健在と言ったところでしょうか。

そんな荒川静香さんですが、昨年6月に2億円の豪邸を都内に購入したとのこと。
ローン払いは一切無く、即金だったそうです。

荒川静香選手の経歴はそのすべてが決して華々しいものではなく、アマチュア時代、さらには無名時代ともなると、フィギュアを続けるために家族総出でその費用を捻出するために苦労をしており、本来裕福な家庭のスポーツのひとつでもあるフィギュアスケートを続けるには、サラリーマン家庭ではなかなかに厳しいものがあったと言われています。

そんな中自力で世界選手権世界一に輝き、さらには金メダルを手にするところまで努力を続けたことから、努力することの大変さ、続けるために必要なお金のことなどもシビアに考えているのではないでしょうか。

堅実な人生に借金は必要ない。そう言わんばかりのお金の使い方ですが、最盛期には一年で8億も稼いだと言われており、それを考えると税金対策もかなり大変となってくるため、一戸建てを買うと言うのもアリと言えばアリなのでしょう。そう言った意味でも堅実ですね。

ハングリー精神を持ち続けていること。努力を続けるために必要なものは何であるのかを自覚していること。
これらが今の荒川静香を作り、現在もなお輝かせているのではないでしょうか。

ソース:「2億円豪邸」を即金でポンッ 新婚・荒川静香の稼ぎっぷり