oishinbo01.jpg
美味しんぼと言えば今では「鼻血」「福島への風評被害」などの話題筆頭格にまでなるほど大騒動になりましたが、作者は一歩も譲らず、肯定派と比定派でお互いをののしりあうような泥沼の状態になってきました。

可哀想なのは単純に売上が大きく左右される出版社ではあるんですが、そこに住まう人の誇りを賭けた問題でもあり、決して笑える話でもありません。

そもそも、原発と言うものはリスクがあり、非常に危険なことは原発の存在を肯定する、否定する以前の問題として「危ないもの」と言う認識であることに違いはないわけです。

同じ認識であるにも関わらず、どこで考えが割れてしまったかと言うと、件の大震災の場合であれば、憎むべきは自然災害か、それとも原発かと言うところにまで掘り下げて行かなければなりません。

もちろん、震災がなければ原発はトラブルを起こすことなんてなかったから原発は否定すべきものではない とは言いません。しかし、自然災害により起こってしまった問題のすべてを原発になすり付けるのもお門違いな話です。

そもそも、この問題の最もたる問題は当時の政権のふがいなさもありますし、過去を遡った管理体制、資金の割り振り、誰が本来必要なことを止めてしまっていたのかなど、掘り進めれば進める程問題は複雑して行くため、そう言ったブラックボックスが分からない我々は、分かりやすいものを憎むしかないわけですよね。

そう言った得体の知れないものを現実的に落としこんで落とし込んで、誰も何も問題の本質を考えぬまま、原発の否定派が強く暴走しているようにも見えてしまいます。

しかし、誰がどのように言ったとしても、福島と言う土地に今もなお根付き、復興のため、生きていくために必死で頑張っている人たちを侮辱するような行為が許されるわけがありません。

この方たちも様々な理由によってこの地にとどまり、今を生きているわけですから、それを外部の人間が攻撃するなんてことは以ての外で、非難すべきは科学的根拠や漫画の記載内容に関する議論などではなく、知らぬ三者が彼らの誇りを傷つけ、侮辱する行為だと思うわけです。

この騒動がどう言った結末を迎えるのか…。恐らく永遠の平行線を辿るに終始するのでしょうが、願わくば被災地でなお戦っている方々が心安らかに日々の生活を営める日が来ることを祈るばかりです。