ねこのあしあと

しょこたんこと中川翔子さんですが、ここ最近はTwitterでの炎上がピックアップされることが多く、なかなか難しい状況に追い込まれているようです。

先日も猫を保健所に連れて行くかどうかの話に割り込んでTwitterが炎上しただけでなく、過去のトラブルまで掘り起こされ、さらによく話を理解せずに話題に飛び込むことが多いことから、テレビの前に出すのは危ないとテレビ局からは見られるようになってきているとのことです。

本来、中川翔子さんは頭もよく、様々な趣味の世界にも精通しているため、バラエティだけでなく声優、音楽活動など、マルチなタレントも平気でこなせる万能キャラ。

テレビとしても使いどころは多く、教育番組などでも絵画の才能を発揮しますし、歌番組に出演すれば抜群の歌唱力を見せ、自他ともに認めるオタクキャラであることから、アニメ、特撮番組などでも登場機会が多いのですが、ここ最近は「一般人に絡む」ことが増え、さらにそれが炎上のタネになってしまっているところがテレビ局にとっては悩みのタネだとか。

芸能人の中でもいち早くブログ、Twitter、Facebookなどのインターネットを利用したコミュニケーションツールを取り入れた活動を始めたことでも知られていますが、それが裏目に出てしまっている状態なのです。

テレビ局としても、番組起用は考えられているものの、万が一でもTwitterのように一般人に絡むようなことがあったり、暴言を吐いてしまうようなことがあれば守る手だてはなく、これまでの評価から一転して「扱いづらい」キャラとなってしまっているのだとか。

この対策のため、彼女の所属事務所であるワタナベエンターテイメントも色々考えがあるところなのでしょうが、事務所にとって彼女は主戦力の一人。さらに彼女ほどの多彩な実力があれば、どのような生き方も出来てしまうため、なかなか制御するのが難しいようです。

とは言え、ものには限度と言うものがあり、あまりに自由すぎる活動が続くようであれば、いよいよ事務所としても彼女を切らざるを得ませんでしょうし、所属事務所が無いのであれば、実質「芸能界を干された」と同様の状態であるのも間違いありません。

ここ最近の迷走、炎上は彼女にとってメリットはあまり無いようで、周囲の意見をちゃんと聞き、一度落ち着いて活動を見直す方がいいかもしれませんね。

ソース:しょこたん暴走?一般人とトラブル続出&批判殺到、テレビ局は「危うくて使いづらい…」