東京VICTORY(通常盤)

9月5日に放映されたテレビ朝日の音楽番組「ミュージックステーション」にてサザンオールスターズがやらかした!と話題になっています。

今回サザンオールスターズは2曲。「天国オン・ザ・ビーチ」と「東京VICTORY」を演奏したのですが、最初の「天国オン・ザ・ビーチ」の方の歌詞が放送事故レベルと言われるほど生々しい歌詞となっており、夏は終わっているものの、陽気な夏過ぎると言うことで注目を集める事となりました。

天国オン・ザ・ビーチビーチの歌詞はこちら
http://www.uta-net.com/song/169168/


これがサザンオールスターズだ!とでも言わんばかりの豪華すぎるPV動画ですね。

歌詞の内容はある程度意味をぼかしていますが、直球過ぎると直ちに放送禁止用語になってしまうものが多く、笑える陽気な歌を全力で歌うサザンオールスターズの一面が垣間見えます。

一方、もう一曲の東京VICTORYは前曲とうってかわって「サザンらしい」心に沁みる名曲となっており、そのギャップがまた凄い事になっています。

東京VICTORYの歌詞はこちら
http://www.uta-net.com/song/169169/


世相を皮肉りながらも真直ぐな歌詞が心に響きます。

サザンオールスターズと言えば、名曲中の名曲として今も歌われる「TUNAMI」もあれば、完全におふざけとしか言いようが無いほど砕けた「マンピーのG★SPOT」など、様々な音楽ジャンルを奏で、多種多様な顔を持った大御所バンドでありながら異色のバンドでもあります。

これが桑田佳祐ワールドだ!という圧倒的な世界観を持ったバンドであり、今もなおそこが見えないモンスターバンドでもありますが、とにかく「エンターテイメント」だなと思います。

エロから風刺までとにかく深いのですが、久々にテレビでとんでもない曲が歌われた!とすでに話題になっており、さすが桑田さん!という評価の方が多い模様。

とは言え、後でクレームとかつかないものなのかな?と、ちょっと心配になったりもするものです…。

ソース:サザンオールスターズがMステで『天国オン・ザ・ビーチ』を披露し放送事故レベル