ねこのあしあと

芸能人ブロガーの先駆けでもあり、インターネットの主流となっているコミュニケーションツールを率先して取り入れている事でもお馴染みの中川翔子さんですが、今回はそれが仇となってしまったか、自身が大炎上してしまうことになったようです。

事の発端は一般人がどうしてもやむを得ず、猫を2匹保健所に連れて行かなければならなくなってしまった事をTwitterにて報告したところ、中川翔子さんが「保健所に連れて行くなっ」と晒し上げてしまった事のようです。

元々母親の中川桂子さんと共に動物の里親募集を率先して行ってきただけに、保健所へ連れて行く事に対して思うところがあったようですが、これを見た中川翔子さんのファンが一斉にその一般人のツイートを批判する事となってしまい、アカウント閉鎖を余儀なくされたようです。

しかし、これまでのツイートを遡ってみると、保健所にて殺処分させるために連れて行ったものではなく、「譲渡会」と呼ばれる里親を募集する集会に出すと言うことが分かり、批判の矛先は文脈を読まずにひとつのツイートだけで反応してしまった中川翔子さんに集まるようになりました。

これに対し、中川翔子さんは「人への理不尽な攻撃をする人々がいたことが非常に残念です」とツイートしたものの、時すでに遅し。

事の発端は中川翔子さん自身であり、彼女が文脈を読まずに攻撃的な反応を見せてしまったからこそ起きてしまったことです。

ファンの中にはいわゆる「信者」と呼ばれる人もいるわけで、彼女が批判しているなら我も我もと批判の矛先を向けるのはアイドルであるなら理解しておくべきでしょう。

それがブーメランになって跳ね返ってきてしまったのですから、これに関しては擁護は難しいかもしれません。

また、これがきっかけで中川翔子さんの過去の動物に関するトラブルまで掘り起こされる結果となってしまいました。

過去に知識も無くクリオネを飼ってみたところ、飼い猫に水槽内設備のコンセントを抜かれてしまい、死んでしまった事については「猫のせいにするな」と言われ、ファッションセレクトショップのBEAMSと共同でプロデュースしたブランド「mmts」においては、本物のうさぎのファーを使い、動物好きなのに動物の毛皮使うなんてと批判されていたことまで絡めて批判されてしまっている状態です。

ここ最近は芸能人による一般人を晒し上げて炎上するケースが急増しており、「芸能人と言えど人間だから何かされたら怒るのは当たり前」という人と「芸能人なんだから一般人を巻き込むな」という人でも議論が続いている状態です。

しかし、芸能人と一般人の大きな違いは「自身の持つ影響力」にあり、影響力を持った人物が影響力を持たない相手を攻撃した場合、多大なる被害を被る可能性が高いことは大問題ですし、かといって、影響力を持った個人に対して不特定多数の大人数によって魔女狩りのようなことをすることが許されるかと言われれば、それも難しい話です。

芸能人という地位を利用する事によって、大多数に訴えかけられることもありますので、例えばこれまでのように動物の里親を探すために尽力すると言うのは良い事でしょう。その事を認めている人も確実にいるわけですから、善意を繋ぐ意味では重要なことではありますが、その逆になると、ネガティブな事は全て自分に帰ってきてしまうもの。

芸能人はその返報が強烈なケースが多いですので、やはり最も良いのは不用意に一般人に絡むような事はしないということでしょうかね。

ソース:中川翔子、捨て猫めぐる“一般人吊し上げ”で炎上! 過去のペット飼育にも非難殺到の事態へ