世界征服

先日、女性アイドルユニット「Girls Beat!!」を発足させたばかりの元・モーニング娘。の加護亜依さんですが、今回の新ユニットデビューについて、業界内では冷ややかな感想のようです。

と言うのも、加護亜依さんはすでに業界的には「追放」状態であり、事実上干されているからと言うのが大方の見方なのだとか。

後藤真希さんの復活にコメントを寄せたり、相方の辻希美さんとの繫がりをアピールするなど、芸能界に残るための断末魔の叫びにしか見えないとも言われており、デビュー直後ではあるものの、早速このプロジェクトは暗礁に乗り上げてしまっているとのことでした。

難しいところなのですが、現状の加護亜依さんは、これまでの不祥事によって自身を手厚くプロモーションしてくれる事務所がありません。

現在所属しているプロモーションは大手の圧力がかからないところで、テレビ業界などでも影響力がほとんどなく、ほぼ個人事務所状態となっていることから、「加護亜依」というこれまでのブランドネームだけでなんとか露出が出来ている程度。

しかし、そのほとんどがゴシップを追いかけるもので、再起を願うものや、近況を良く見せてくれるというためのものではありません。次に加護亜依はどんなスキャンダルを起こすのかと言うことを期待している人たちばかりです。

大手芸能事務所としても加護亜依さんは扱いづらい人物と言うことで、マネジメントについても拒否反応を示されるようで、以前、芸能事務所最大手バーニングから直々にマネジメント依頼を芸能事務所に出した事があったそうなのですが、それでも断られたという噂もあります。

芸能界は、実力だけでのし上がれるところでは決して無く、事務所のプッシュやマネージメントによっても大きく左右され、さらに人脈やいわゆる「上の存在」の引き立てなども重要になってくるのですが、残念ながら現状ではそれすらも無く、さらにその実力においても疑問符ばかりなのだとか。

この状態では、どれだけ華々しいデビューを演じてみせても、メッキはすぐに剥がされてしまい、やはりメディアの露出は絶望的な状態となってしまいます。

さらに「再起」と言うのは非常に難しく、一部では禊は済んだと言われている矢口真里さんですら、ほぼ絶望的な状況ですし、華々しい復活劇を演じてみせた後藤真希さんも、決して楽な道ではなく、暗雲が晴れたと言うわけではありません。

その辺りを考えると、やはり加護亜依さんがかつての人気を取り戻すには並大抵の努力では不可能と思われ、さらに「賞味期限の過ぎた」アイドルである事も否めません。不祥事も大きすぎました。

この状態から這い上がり、見事復活を遂げてみせるのであれば美談として語り継がれる事になるでしょうが、業界的にはもう終わった人と言う見方の方が強く、まだまだいばらの道は続くようです。

ソース:新ユニット結成の元モー娘。加護亜依は「実質、芸能界を追放されている」再起は絶望的……