ほしのあきのMy Happy Story (美人開花シリーズ)

最近姿を見せなくなったグラビアアイドルのほしのあきさんですが、今になってもテレビで見かける事がありません。

7月に2歳になる長女を乗せたベビーカーを引く姿が目撃されていますが、芸能界の復帰はまだまだのようです。

2011年9月に競馬騎手の三浦皇成氏と結婚し、子供にも恵まれたほしのさんですが、同年末に「ペニーオークション」のステマ(ステルスマーケティング)関与が発覚し、それ以降は活動を自粛したままになっています。

ブログ上でステマ関与の謝罪をしたものの、思いのほかその影響は強く、未だ芸能界復帰の目処はついていないようです。

2011年後半あたりから発覚したペニーオークションのステマ関与疑惑は、多数の芸能人に暗い影を落としました。

ペニーオークションの仕組みは下記をご覧下さい。
ペニーオークション(Wikipedia)

ペニーオークションだけでも十分詐欺のようなものなのですが、これを流行させるにあたり、一部のペニーオークション運営者が芸能人にお金を払い、ブログで宣伝してもらう、いわゆる「ステルスマーケティング」が大きな問題となりました。

アメリカではステマは法律で禁止されており、日本国内でもその動きに向かっています。

しかし、当時はそのような言葉もあまり浸透していなかった事や、芸能人ブログの乱立期でもあったため、これに目を付けた業者が多くこの手法を取り入れていました。

ほしのあきさんもそのステマ関与の一人で、とあるペニーオークションの業者から宣伝費用10万円を受け取り、あたかもペニーオークションを利用した事があるかのようにブログで紹介したのです。
主犯格はグラビアアイドルの「松金ようこ」さんとされており、彼女の与えた被害は甚大なものとも言われています。

これが騒動となり、他に関与した芸能人も暴露され、謝罪に追い込まれる事態になりました。
有名なのが小森純さん、永井大氏、お笑いコンビ・ピースの綾部祐二氏などもステマでブログを掲載、後に謝罪する事になります。

唯一、熊田曜子さんだけは謝罪も一切無しで今もタレント活動を続けているようです。

さて、そのようなことで芸能活動を休止せざるをえなくなってしまったほしのあきさんですが、もう37歳。グラビアアイドルとしての復帰は難しく、その寿命もさすがに終わったと言わざるをえないでしょう。

そうなると、結婚・出産も経験している事からママタレとしての復帰の期待も高まるのですが、どうにもほしのさんは家事が苦手で料理好きと言うわけでもないことから、その道も難しいとの事。

さらには

そんなほしのが再び注目を浴びたのは、昨年11月。複数の自社関連会社から借り入れた総額100億円以上の私的使用が発覚し、現在受刑中の大王製紙前会長・井川意高による暴露本『熔ける 大王製紙前会長井川意高の懺悔録』(双葉社)が発売された。同書では、ほしのが22歳の頃から、月1~2回食事する間柄だったことが明かされている。肉体関係については言及していないものの、その文脈から多くの読者が「クロ」と感じたようだ。

という報道もあり、クリーンなイメージを持たせにくい事から、芸能界で立ち位置が無くなってしまっているとも言われています。

現状では表立って復帰を宣言するだけのアピールポイントが無いと言うのは致命的なところで、このまま芸能界からは消えてしまうのか。
それとも、別のアプローチによって帰ってくる事もあるのか、まだまだ未定のままのようです。

ソース:ペニオク芸能人・ほしのあきが、ミニスカートで復帰のスタンバイ!? 「ママタレ復帰は絶望的」との声も