ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)

国民的ロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」を抱えるゲームソフトメーカー最大手スクエア・エニックス(通称スクエニ)が家宅捜索を受けているとの事です。

スクエニが発行している漫画雑誌「月刊ビッグガンガン」にて好評連載中の「ハイスコアガール」にて、格闘ゲームの老舗「SNK」の販売しているゲームのキャラクターを無断使用していたとのことでSNK側から訴えがあり、事件に至ったとの事。

RPGにおいて国内有数のビッグタイトルを抱える企業が、国内最大手の格闘ゲームビッグタイトルを抱える企業に訴えられるという、なんとも血なまぐさい話ですが、そもそもスクエニはなぜ題材が題材の漫画であるにも関わらず許可を取っていなかったのでしょうか…。

漫画「ハイスコアガール」は1990年代のゲーム事情を反映させたラブコメディ作品で、当時一世を風靡した数々のオールドゲームが登場する事で、その時代をリアルタイムに生きた人からも高い人気を集めています。

その中でも主題となる格闘ゲームにおいては、カプコンのストリートファイターの旧作もカバーされており、当時大流行した数々の格闘ゲームの話なども出てくるため、当時からの格闘ゲームファンあるあるとしても認知されているところです。

このように、90年代のゲームについてウンチクのある情報が多く掲載されていたのですが、まさか許可を取っていなかったと言うのは問題な話で、大手ゲームメーカーともあろうものが、他社キャラクターを無断使用していたと言うのはちょっと聞き捨てならない話であるとSNKが判断するのも仕方の無い事かもしれません。

また、さらに困った事に、単行本にはしっかりと許可を取っているかのような著作権表記がされており、体裁を整えているように見せていたということもトラブルを助長する原因となったのは間違いありません。

これは編集側が「著作権表記を記載しておけば問題ない」と判断したのか、それとも「ゲーム会社同士だから目こぼしがあるだろう」とでも思ったのかは分かりませんが、お互い大人気ゲームを取り扱う企業として商業倫理に反する行為であるのは言うまでもない事でしょう。

以後、家宅捜索や事情聴取によってスクエニ側の対応も分かってくるところでしょうが、斜陽に向かっているとも言われているゲーム業界。このようなところで無駄な争いはせずに業界の発展に向けて協力して欲しいものです…。

ソース:人気漫画に他社のゲームキャラが…ドラクエの「スクエニ」を著作権侵害容疑で捜索