Good Time (初回限定盤B)(フォトブックレット付)

電撃結婚の責任を取ってジャニーズ事務所を退社した、元KAT-TUNの赤西仁氏ですが、芸能界復帰もかなり難しい状況に追い込まれているようで、このまま芸能界から干されるのではないかという話も真実味を帯びてきています。

それも、6月末に起こした六本木での「赤西軍団」の錦戸亮氏、山下智久氏と3人が警察沙汰になった事件がスクープされたことがきっかけで、いよいよ追いつめられてしまったようです。

現在事務所に所属しているわけでもなく、芸能活動をマネジメントしてくれる存在もない状態ですから、メジャーな場所での復活は依然として難しく、インディーズからの再始動と言うことが噂されていました。

そのためにライブハウスを押さえ、芸能関連の根回しも進めていたようですが、これが御破算に。
このままではインディーズライブすら行えないどころか、芸能界隈で彼に注目するのはゴシップ関連ばかりになることでしょう。

また、赤西仁氏を極秘でサポートしていた女性プロデューサーの存在も浮かび上がり、さらには彼女が赤西仁氏をサポートしていたことが公になると、ジャニーズ事務所からの強烈な圧力がかかるのは間違いないとも言われています。
つまり、もうこの女性プロデューサーも身動きが取れるような状態ではなく、彼の再デビューも絶望的状況に追いつめられてしまったと言うことになります。

現在、仕事も無い状態で妻である黒木メイサさんにおんぶに抱っこの状態。
さらに黒木メイサさんは現在数々のドラマ、CM、映画の出演で引っ張りだこで、彼に構っている暇もほとんどないことでしょう。

先日も空港で口論している姿が目撃されているなど、すでに離婚の危機ではないかとも噂されているほどです。
このままでは仕事も無く、さらに警察沙汰になるトラブルまで起こしてしまっては、ただ黒木メイサさんの足を引っ張るだけの存在になりかねません。

このような状態だと、さすがに黒木メイササイドの事務所としても放ってはおけないでしょうし、なんらかの処置を取る可能性も高いことだと思われます。

「赤西軍団」の繁華街でのトラブルは公の場ではほとんど出回りませんが、週刊誌などでは度々紹介されることがあるなど、悪名が高いことは一部ですでに知られていることで、さらに今回、赤西氏は守ってくれるマネジメントも事務所もありません。

錦戸亮氏、山下智久氏の両名はほぼ確実に報道から守ってもらえるでしょうが、最悪の場合は事務所の圧力により、赤西仁氏だけに罪をなすり付けると言う事も不可能ではないはずで、彼を擁護してさらに芸能界で再デビューさせると言うのは難しいことのはずです。ジャニーズ事務所の逆鱗に触れると言うことは、言わば芸能活動のほぼ全てが出来ない状態も同然ですし、今後も許される可能性は低いと見ていいでしょう。

色々鬱憤が溜まっていたのかもしれませんが、夜の六本木で大暴れしてしまった彼の罪は、芸能界においては非常に重いものだったようです。